読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤ちゃんが格安!ボンラクト

肉食はガンの「増殖要因」です。健康!動物愛護!環境保護の観点から!私たちが菜食を選択するべき理由をエリックマーカス著「もう肉も卵も牛乳もいらない」にくわしくかかれています。日本では、菜食傾向のある昔は少なかったですが、肉食中心の食事をするようになって、現在は日本でも肉食ガンが増加しています。

下記の商品です♪

2017年01月26日 ランキング上位商品↑

ボンラクト 赤ちゃんボンラクトi(アイ) ミルクがあわない赤ちゃんに 360g【楽天24】[ボンラクト 豆乳(ベビー用)]【あす楽対応】

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

このどちらもがその後!日本においての食生活の重要な位置を占めるようになったことは!単なる偶然とは到底思えません。ガンの原因、予防、診断、治療に対する研究が、あらゆる医療機関において行われています。そんな中で!日本の伝統的な食生活のシステムは!根底から覆され!日本人の食事がどんどんアメリカ化していったわけです。ミルクよりは味が劣ると聞いていましたが!息子は気にせず飲んでくれました。牛乳はもともと日本人が摂取してきた食品ではなく!戦後になって飲むようになったものです。牛乳の摂取量が世界一多いノルウェーでは、“骨粗しょう症”の発生率が日本の約5倍。日本では!菜食傾向のある昔は少なかったですが!肉食中心の食事をするようになって!現在は日本でも肉食ガンが増加しています。終戦直後の食糧難の時代に!当初は援助物資としてアメリカから日本に送られたのが小麦と粉乳でした。。ところが、アメリカの占領政策により、保健所や病院などで牛乳がすすめられ、学校給食に牛乳が導入されて以来『カルシウムが豊富』と教育され普及されることになりました。要は、ビジネスです。実は、カルシウム含有量については、牛乳に比べて、イワシは3倍、昆布は7倍で、切干大根は5倍もありますマグネシウムは、イワシは牛乳の約4倍もあり、(タンパク質なら、イワシは牛乳の約8倍です)朝ご飯はコメと、めざしと、わかめ(カルシウムなら牛乳の7倍)の味噌汁が牛乳と食パンと卵より頗る栄養価が高いことが解ります。これらの肉食ガンのほとんどは肉食を避けることで大幅に防ぐことができます。援助物資として送られていたのは短期間で、その後は当然のことながら日本がアメリカから輸入することになりました。これらは肉食傾向のある欧米人に多い病気でした。その人たちが産んだ子どもたちが、アトピーなどの障害が出るもの無理はありません。実は、カルシウム含有量については牛乳に比べて、イワシは3倍、昆布は7倍で、切干大根は5倍もあります。肉食によるガンの典型的な例は、肺ガン、乳ガン、大腸ガン、膵臓ガン、甲状腺ガン、胆のうガン、腎臓ガン、膀胱ガン、骨ガン、リンパのガンなどがあります。日本は!成長ホルモン投与の食品を輸入規制していないのです!(ヨーロッパは禁止です)日本で!高度成長期に生まれの方は!保存料・着色料・添加物・化学調味料などをどんどん食べさせられていました。肉食はガンの「増殖要因」です。肉食によるガンの典型的な例は、肺ガン、乳ガン、大腸ガン、膵臓ガン、甲状腺ガン、胆のうガン、腎臓ガン、膀胱ガン、骨ガン、リンパのガンなどがあります。その象徴的な食品が牛乳!といえなくもありません。これらは肉食傾向のある欧米人に多い病気でした。つまりアメリカは戦略的意図をもって!日本人に小麦と牛乳を与えた!ということです。肉食(肉・卵・牛乳を含む)は、ガンの増殖を抑える免疫力を破壊し、ガン細胞を増殖させます。(この日本食よく見ると、昭和初期までの日本の朝食ですね)小児科の先生より、息子はミルクが合わないかもしれないのでボンラクトに変えてみて下さいとのことで購入。また、ミルクよりも割高になると思っていましたが、安く購入できるので特に変わりはありませんでした。戦前の日本人はほとんど牛乳を飲んでいませんでした。食の歴史から研究しましたら!戦前の日本人はほとんど牛乳を飲んでいませんでした。ところが、アメリカの占領政策により、保健所や病院などで牛乳がすすめられ、学校給食に牛乳が導入されて以来『カルシウムが豊富』と教育され普及されることになりました。心臓病!ガン!肥満を防ぐにはVEGAN(完全菜食)しかありません。便が少し硬く、臭うようにはなりましたが、乳児湿疹が消えたので息子には合っているんだと思います。肉食(肉・卵・牛乳を含む)は、ガンの増殖を抑える免疫力を破壊し、ガン細胞を増殖させます。これらの肉食ガンのほとんどは肉食を避けることで大幅に防ぐことができます。