手ぶくろの価格 |

やはり黒井さんの絵じゃないとシックリきません。有名な童話なので色々な人の挿絵で出版されていますが!やっぱりこの方の絵が一番好きです。30年近く前のままの てぶくろを買いに。

1月7日 オススメ商品♪

01月07日 ランキング上位商品↑

手ぶくろ手ぶくろを買いに [ 新美南吉 ]

詳しくはこちら
by 楽天市場

絵がすごくかわいいです。今回購入した内の1冊、新美南吉の名作『手ぶくろを買いに』私も久しぶりに読みましたが、やっぱりいいですね〜♪お話ももちろんですが、黒井健さんのやわらかな美しい絵が素晴らしいです。すごくオススメの一冊です。その方の好みにもよりますが!この切なそうな優しい絵。もしまだ知らない人には超お勧めです。古い言葉使いなので!ちょっと難しかったようです。子供の時は子狐気分で読むのでお買い物のシーンしか気になりませんでしたが!改めて読むと視点が違って新鮮でした。母の優しさを感じます。手ぶくろを買いに、は、とても好きなお話の一つなのですが、絵本なので、絵でどれがいいのかなぁ、と思っていました。絵が多いと確かに、分かりやすいかもしれませんですが、物語の邪魔をしていない絵の方が 逆に子供たちの想像を掻き立てるのではないでしょうか?なので、ごんぎつね もセットで購入しました。子供の頃誰もが一度は読んだ名作だと思います。ぷれぜんとによいとおもってこうにゅうしました。黒井健さんのイラストで彩られたこの作品の素晴らしさ。他の方の絵はあったのですが・・・。美しい日本語の絵本です。途中から!言葉を少し言い換えて読みました。言葉の良さもわかる作品です。子供には子狐がどうなるか、ドキドキハラハラする気持ちにさせます。名作と謳われていますが!今の私なら自分がひどい目にあわされて気が進まない人間達のもとへあえて子供1人で買い物に行かせるなんて考えられません(^^;)なんかスッキリしないので☆マイナス1つ。 てぶくろを買いに で検索するとそれはもうたくさんのてぶくろを買いに が出て来ますが、私は絶対 黒井健さんの絵ではないと てぶくろを買いに じゃない!と 思って探しました。読んでいる親は!母狐の気持ちや人間の母の歌声のシーン!無邪気な子狐の言葉にゆさぶられて涙が出てきます。こちらのレビューを拝見して!購入しましたが!確かにこの絵だとお話もひきたっていいと思いました(^^)あわせて!『ごんぎつね』も購入しました!心温まる本です。黒井健さんのイラストで新美南吉の名作『手ぶくろを買いに』♪久しぶりに購入しました。町の明かりや キツネの毛並み・・・。本当はネットじゃなく、本屋さんで娘と一緒に買いたかった。孫娘への絵本は!まとめて何冊か買って毎月1冊ずつ贈っていますが!買う絵本が娘(ママ)とダブらないように相談して!私(ばば)は昔からの名作絵本を買うことにしています。内容も!まだ少し早かったかな〜?他のものと悩みましたが!私は絵がとても美しいコチラで。とても素晴らしい絵です。私自身も教科書でドキドキワクワクしながら一気に読みおえた記憶があり!今回3歳になる子供の読み聞かせ用に購入しました。本当に絵があっていてとても切ない(やっぱり絵って大事です!)気持ちになりました。優しい気持ちになってください。母がTVで見た影響から欲しいと言い出したので購入しました。でも絵本の最後の文章に南吉の世界感が現れており!切なく奥深い挿絵とあいまって!大変心に残る絵本です。母もすごく喜び、うれしそうに私に読み聞かせを始めました。やはりいいですね。年長の娘が黒井健さんの「手ぶくろを買いに」が好きで、本屋さんに買いに行ったところありませんでした。思惑通り!少し字とページの多い絵本ですが最後まで集中して読んでいました。当たり前ですが!絵本って!絵が大切です。温かく静かで優しい!空気感が素晴らしいです。色々な人が挿絵を描いていますが!やっぱりこの人の絵が一番好きです。ドジってしまう子ギツネもまたかわいらしいです。絵のタッチも柔らかく素敵な絵本です。挿絵を大きくテレビに映し出して授業をしたかったからです。子供にも語りついでいきたい作品です。寒い冬の日!心を暖めてくれる1冊です(*^∀^*)~♪子供が!勉強で使うようになりました。「お手手がちんちんする」のところが娘は大好きです(笑)。私が子供の頃から知っている 新美南吉。懐かしい感じと話の良さが相まって、とても感動しました。国語の教科書に載っているので、購入しました。教科書とは違う表現もあり、それが新鮮で、子どもたちも楽しんで手にとって読んでいました。まだ、少し難しいですが、読み聞かせにはおすすめの一冊です。挿絵も美しく!ハラハラしたりとストーリー性が高いので長く感じさせません。新美南吉自身の母恋しい思いと!生い立ちによる人に対する思いなどがしみじみと伝わってくる!奥深い童話です。年長の娘に購入しました。